病院薬剤師の将来性

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の将来性

病院薬剤師の将来性

薬剤師の就職先ですが、一般的には調剤薬局、病院、ドラッグストア、そして製薬会社などの企業や自治体ということになります。果たしてこれらの職種の将来性はどうなのでしょうか。ドラッグストアでの将来性というと、ドラッグストアは大きなチェーン店のことが多いですから、その店の店長候補、そしてそのドラッグストアの幹部候補というように出世していくのではないでしょうか。このように昇進していった場合、例え薬剤師でも薬剤師の仕事以外の事もこなすことが多くなっていきます。企業も将来性が高いと言えます。新薬開発のための研究職か、マーケティングや学術、特許などの事務職か、そして営業ともいえるMRかによって得る知識も違いますし進む道もかなり異なっていきます。海外で働くチャンスもありますし、希望を出してタイプの違った職種につくような場合もあります。

クリニックの隣の調剤薬局などに勤めた場合、将来性について不安に思う人が多いようです。調剤薬局の場合、調剤以外のことはあまりやらないことが多く、また、2〜3件位の近隣の病院をメインに扱うので調剤する薬剤も決まってきてしまい薬剤について多くを学べない可能性があります。そうすると次に病院などに就職する場合に何もできないという状況も出てきます。

病院の場合は、総合病院であらゆる薬剤を扱っていますし、調剤以外に製剤をしたり、チーム医療に参加したり、また学術関連の職につくこともできます。院内でチーム医療に参加すれば医師やほかの職種の人と一緒に仕事をする機会もあり医療やその他の多くの知識を得ることが出来ます。そして治験で新薬の実験にも参加する機会もあります。病院はセミナーなどの開催も積極的ですし、新技術を学ぼうという雰囲気に包まれています。

また、研修や実習を積んで専門的知識を得た薬剤師は専門薬剤師として病院で更なる活躍ができます。専門薬剤師は長期の研修期間などを経て認定試験に合格した薬剤師のみが得ることができる資格です。専門薬剤師として活躍できるのはやはり大きな病院や専門的な病院ということになります。こうした病院では専門薬剤師が活躍できる場が広がっていますし、また専門薬剤師に専門的な知識を学べるチャンスも大いにあります。

病院での勤務を探すのであれば、薬剤師専門のエージェントを利用する事がおすすめです。病院勤務は調剤薬局に比べ難関なため専門のエージェントのサポートが役に立ちます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.