病院薬剤師の勤務時間

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の勤務時間

病院薬剤師の勤務時間

病院薬剤師の勤務時間はどのような形態が多いのでしょうか。薬剤師を常駐させているような病院は総合病院や大学病院などの大病院です。大病院は入院施設があるため看護師などは常に夜勤と格闘しています。

薬剤師はどうなのかというと、看護師のように3勤交代制ということはなく病院の外来に合わせて9時〜5時といったような勤務形態が殆どです。病院の一般外来が開いている土曜日の午前中が仕事のところも多いようです。病院に訪れる人は午前中が多いので、午前中は特に仕事が忙しくなる傾向にあります。外来が混んでいるなどの場合もありますが、病棟の患者数は決まっていますし外来にも制限があるので残業はさほど多くないのが一般的です。

調剤の薬剤師の場合は、近隣のクリニックが朝始まるのと同時刻に開き、クリニックが終了するのを待って閉まるといった具合の為、残業は殆どありません。企業の薬剤師は、所属部署が企業の体質にもよりますが、メーカーの場合は残業があっても祝日勤務などは少ないでしょう。ドラッグストアの場合は、開店時間が非常に長く祝日もオープンしているのでシフト制で夜遅くまでの勤務や祝日勤務の覚悟も必要です。

それでは、病院薬剤師はどうでしょうか。病院薬剤師と一言で言っても調剤薬局の薬剤師とは異なり担当する仕事が多様化委しているため、中には残業が多い業務というのもあるでしょう。病院薬剤師の場合は業務が多岐にわたっているのです。

病院薬剤師は、調剤薬局と同様だけでなく、入院患者用の製剤、外来の患者さんの服薬指導、医薬情報の管理業務、病棟への専任薬剤師やチーム医療、新薬開発のための治験といった本当に様々な業務を請け負っています。この中でも製剤や外来、治験、そして医薬情報管理などであれば緊急という事も少なく定時で残業も殆どないところが多いようです。逆に病棟専任の薬剤師、特に救急医療専任の薬剤師であれば夜勤の必要も出てきます。ただ、病院薬剤師は看護師と比べると夜勤も少なく定時に帰宅出来ることも多いというのが一般的です。ただし、病院で働く薬剤師のほとんどは自分の知識を高めたいといった高い向上心を持って働いている人が多く、中にはあまり残業が苦にならないという人もいます。

残業や勤務形態については、病院によっても異なりますので、勤務形態なども吟味して求人を見る必要があります。薬剤師の転職エージェントでは勤務時間帯などのこだわり条件で簡単に検索することが出来ます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.