病院薬剤師の人間関係

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の人間関係

病院薬剤師の人間関係

職場で気になるのが人間関係です。人間関係が原因で会社を辞める人も多く存在しています。どの職場に勤めても人間関係に良し悪しはありますが、就労の形態により人間関係が悪化しやすい職場、そうでない職場など、傾向があります。病院薬剤師の人間関係はどうでしょうか。

病院薬剤師は多くの人と接する仕事が多いので、人間関係が問題になりやすいです。研究所に勤め、研究だけをしているような職種だと、ある程度自分の好きなように仕事ができるので、人間関係も楽なのですが、病院薬剤師は様々な業務が連携の上に成り立っているため人間関係でうまくいかないという場合生じやすくなります。

病院薬剤師の院内でも主な仕事ですが、処方箋の薬を処方する調剤の仕事、病院内で患者さん1人1人にあった薬を調合する製剤業務、抗がん剤の準備、点滴や注射薬の準備や医師と薬物療法の治療計画に関わったり、チーム医療の1員とし働いたりすることもあります。また、医薬情報を管理して必要な情報を医薬従業者に提供する学術関連の仕事、治験のコーディネーターとしての活躍の場もあります。

こういった業務はすべて多業務や他部署との連携、そして同業者の薬剤師のみならず医師や看護師、その他の医薬従業者との連携が必要な作業が多くコミュニケーション能力が必要となります。人とのコミュニケーションが多ければ多いほど職場での人間関係も複雑になるので十分注意が必要です。また、大きな病院といっても様々な業務を分担しているとはいえ、薬剤師は薬剤部という1つの部署の中で全員が働いています。大きな企業などであれば他の部署にうつるという選択肢もありますが、薬剤部は1つですので、人間関係が悪くなるとなかなか逃げ場もなく辛い環境になってしまいます。

調剤の薬剤師は非常に狭い社会で人数も少ない環境で働くことが多く、人間関係が悪くなると働きづらくなりますが、個々がそれぞれの処方箋を担当するので人間関係に亀裂が生じるということも病院薬剤師に比べ少ないようです。病院の場合は連携業務が多いので誤解が生じ人間関係がこじれる場合も多くなります。同業の薬剤師だけでなく医師や看護師とも人間関係を築いていく必要があるなど多方面で気を付けなければなりません。

人間関係がどうしてもうまくいかなければ、転職という選択肢を考える必要もでてきます。勇気をもって転職して世界が変わったという薬剤師も多いようです。転職を考えるのであれば、薬剤師専門の転職エージェントに登録すれば、病院薬剤師として他の職場に移ることも可能です。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.