病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師の求人を受ける場合、面接は非常に重要なポイントとなります。面接で必ずと言って聞かれるのが「志望動機」そして「自己PR」です。どちらも大変重要なので面接官に印象に残るような志望動機と自己PRを考えることが大切です。

志望動機には、病院薬剤師としての長所を述べるのが良いでしょう。病院薬剤師の場合、給与も他の薬剤師の職業と比べ少ないのですが、それでも人気なのには多くの理由があります。まず、病院に勤めたい薬剤師は細心の医療技術を体験したい、その中で医療技術の1員となって働きたい、様々な分野の医薬を覚えたり、業務をこなしたりして薬剤師として飛躍したいなどが主な理由です。経済面や待遇よりもより多くの事を学ぶことができるという向上心に満ちた人が病院薬剤師を受けています。

病院薬剤師の中には専門薬剤師が働く機会もあります。専門薬剤師とはある医療分野に特に優れた知識と技術を持っている人のことで、例えばがん専門薬剤師などがそれにあたります。病院では専門薬剤師を積極的に雇用するとともに、専門薬剤師の育成制度も充実させています。薬剤師レジデント制度を設け、薬剤師が学びながら働ける環境を作っている病院も沢山あります。また、薬剤師にとってこうした専門知識を持つ薬剤師から指導を受けることも非常に勉強になります。

病院薬剤師の志望動機としては、やはり病院では学べるチャンスが沢山あり自身の飛躍のチャンスがあること、多くの医療従業者と接して仕事が出来ること、多くの医薬品や調剤、製剤について学べること、研究に参加でき、新薬開発の役に立てることなどの利点を述べると効果的です。志望動機を述べる際、他の人と差を付けたいのであれば、自身の経験談に基づいて述べましょう。以前、病院に入院したとき薬剤師さんにお世話になったとか、前職で病院薬剤師と接する機会があり触発されたなどです。志望動機は皆似たり寄ったりですので、自身の体験を語ることで面接官に強い印象を与えることができ、後で印象に残りやすくなります。

病院薬剤師として良い志望動機を考えるのに今ひとつ自信がないのであれば薬剤師専門の就職エージェントへの登録がおすすめです。エージェントでは就職先の紹介だけでなく、履歴書の書き方や面接の対策も指導してくれます。志望動機についても就職先にあったものを一緒に考えてくれます。担当してくれるのは、医薬業界に強いキャリアコンサルタントなので安心して任せられます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.