病院薬剤師の年収・給料

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の年収・給料

病院薬剤師の年収・給料

薬剤師と一言で言っても、薬剤師の勤務先は多岐にわたっています。製薬会社などのメーカー、調剤薬局、ドラッグストア、病院などに分かれており給与の平均も業種によって違いが出ています。薬剤師の中で就職が最も多いのが調剤薬局、次いで病院、メーカー、ドラッグストアという順になっています。就職は調剤薬局への就職が40%、病院が30%、企業への就職が全体の20%、ドラッグストアが10%前後となっています。それでは薬剤師の年収はどれくらいかというと、あるリサーチ会社によると全体の平均で530万円前後、薬局だと400万円〜650万円、製薬会社だと400万円〜1000万円、そして病院は400万〜600万円という数字が出ています。病院でのパートタイムの時給は2000円前後が一般的なようです。

病院での勤務は薬剤師から見れば大変人気なのですが、給与面では他の薬剤師より劣るとも言えます。それはいったいどうしてなのでしょうか。薬剤師が勤める病院ですが、町のクリニックには調剤もないため通常薬剤師をやといません。薬剤師が勤めるのは大学病院や総合病院など規模の大きな病院です。ここでは、調剤を準備するのが薬剤師の仕事という従来のイメージを払しょくするように様々な部門で活躍があります。たとえば医療チーム薬剤師と一言で言っても、薬剤師の勤務先は多岐にわたっています。

製薬会社などのメーカー、調剤薬局、ドラッグストア、病院などに分かれており給与の平均も業種によって違いが出ています。薬剤師の中で就職が最も多いのが調剤薬局、次いで病院、メーカー、ドラッグストアという順になっています。就職は調剤薬局への就職が40%、病院が30%、企業への就職が全体の20%、ドラッグストアが10%前後となっています。病棟での患者さんへの服薬の説明、医薬品の情報管理の仕事(DI)、そして臨床検査実験など、自信の知識を高めるのにはもってこいの場所です。

病院は薬剤師が勤務したい職場では1位なので、病院側は給与をアップしなくても多くの薬剤師の求人があるため、給与を上げる必要性がないために病院での薬剤師の給与が低くなっている一因です。それでも国公立であれば公務員と同等の昇給があり将来的には高い給与が見込める病院もあります。病院での勤務は人気の為に難関となっています。

薬剤師を専門としているエージェントへ登録してサポートを受け、良い求人を紹介してもらうことが大切です。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.