病院薬剤師の自己PR

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の自己PR

病院薬剤師の自己PR

就職活動での最初の関門は履歴書です。履歴書で書類選考に通されふるいをかけられますので、履歴書がまずかったら採用に通りません。履歴書はとにかく丁寧に書くこと、間違いを失くすこと、きちんとした写真を添付することなど一般常識に気を付けることが大切です。誰でも字がきれいな人はきちんとした素敵な人だという印象を受けるはずです。字は丁寧に書けばきれいに書くことができます。

履歴書や面接で特に注意したいのが志望動機や自己PRです。志望動機や自己PRは自分をアピールできる場所なのでできるだけ丁寧に時間をかけて練るようにしましょう。自己PRは自分がどんな人物か、何が得意か、またそれをどうやって就職先の病院に貢献することができるかといったようなことを表現します。自己PRで気を付けたいのが、自分の得意なことをただ羅列することです。それでは面接官の心に響きません。自分の得意なことを書き、それをどう病院で活かすことが出来るのかを熱意を持って例えるようにしましょう。志望動機や自己PR欄が一番自身の熱意をわかりやすく伝えることの出来る個所です。

病院薬剤師と言えば、最先端の医療や沢山の種類の医薬を学べる絶好の場所です。多くの研修の機会も設けられ、他の医療従業者とも連携をして仕事ができ、また新薬開発などの研究に参加することもできるという、熱意のある薬剤師にとってはやりがいのある職場です。自分がどれだけ医薬に貢献したいかという熱意を表すには絶好の職場だと言えます。自分の持っている熱意や自身の性格がどのようにそういった大学病院で貢献することが出来るか述べるようにしましょう。

自己PRで大切なのは、自信の体験談に基づくPRです。面接官が知りたいのは自身の過去のお話です。転職なのであれば前職で何を努力し何を得ることができたのかを語りましょう。新卒であれば大学時代の話です。新卒であれば継続している習い事などについて話しても良いでしょう。出来れば病院や医薬の話を絡められるほうが面接官に訴えかけやすいです。

履歴書や面接での志望動機、自己PRは非常に大切です。自身で作った自己PRや志望動機をチェックしてもらいたいという人もいるでしょう。そんな時は薬剤師専門の転職エージェントなどの利用がおすすめです。こうしたエージェントは職場を紹介してくれるだけでなく、履歴書の添削や面接の対策を一緒に考えてくれます。自分だけではわからない部分を客観的にみてもらうことが出来、必ず有利に働くはずです。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.