病院薬剤師の研修

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の研修

病院薬剤師の研修

病院薬剤師は調剤薬局が増える中でも薬剤師の人気の就職先です。薬剤師の平均年収が400万円〜650万円の中で病院薬剤師の年収は平均が400万円〜600万円とかなり低めになっています。それでも多くの薬剤師が病院に勤めたいと思っているその理由は何でしょうか。

病院薬剤師として就職をする利点の1つが多くの学習のチャンスが与えられるという事ではないでしょうか。病院では薬剤師は働くだけが目的ではなく、病院側も薬剤師を育成していこうという意思が感じられます。普段から数多くのセミナーや勉強会を積極的に開催し学びの場を設けています。新入社員が一から研修に参加して学んでいくような準備がなされています。また、外部で開催する研修などへ意欲的に参加させ知識を育成させようという試みも数多くなされています。

また、調剤薬局ですと、いつも同じ病院の調剤をするので内容が限られてしまいなかなか新しい知識を吸収しにくくなってしまいます。病院ですとあらゆる分野の薬剤を調剤したり、病院にて患者さん1人1人に合うように製剤を作ったりなど日々が学びの場です。また、がんの薬物療法など薬物がメインの治療では積極的に治療計画に参加するなどほかの医療従業者と一緒に仕事をすることにより多くの知識を得ることが出来ます。

病院薬剤師はこのように正社員扱いで就職しても、沢山の研修に参加することが出来る学びの場がありますが、病院では積極的にレジデント制度も設けています。レジデントとは専門薬剤師などの育成のための研修生で、インターンのように学びながら勤務をする制度です。通常3年程度の研修期間ですが、その間は非常勤扱いとして給与も支給されますので、安心して仕事をすることができます。レジデント制度で研修期間を修了すると、修了証書が発行されその分野専門の薬剤師の受験資格の1つを得ることが出来ます。

また、薬剤師には研修認定薬剤師制度というものがあります。研修認定薬剤師とは研修などに参加し自己磨山したことを証明する制度で自分がどれだけ最新の知識を身につけているかを証明する制度です。この認定薬剤師は大きく給与には影響しませんが、知識豊富な薬剤師として転職などの時に大いに役立ちます。

薬剤師として、給与や待遇面よりもとにかく知識を身につけたいと考えている人には病院薬剤師はおすすめです。病院薬剤師の求人は薬剤師専門の転職エージェントなどで多数見つかりますので友好的に活用してみましょう。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.