病院薬剤師の役割・仕事内容

病院薬剤師求人TOP >> 病院薬剤師転職の基礎 >> 病院薬剤師の役割・仕事内容

病院薬剤師の役割・仕事内容

病院薬剤師の病院での役割はどのようなものでしょうか。その仕事内容は、調剤薬局などに比べると非常に多岐にわたります。まず、調剤薬局でも行われるのが調剤業務です。医師の作った処方箋通りに薬を調合して患者さんに渡します。調剤では、薬を単に患者さんに渡すのではなく患者さんの病歴や薬歴を確認したり安全に服用できるように服用の仕方についても指導を行ったりします。次に製剤業務です。病院内では、個々の患者さんに合わせ売られている薬だけでは十分な効果が得られない場合に院内で使用する薬を薬剤師が調剤します。内服薬から注射薬まで必要に応じて独自の調剤を行うので、病気についての知識と医薬についての高い知識が必要とされる仕事です。

注射用の薬も同様に薬剤師が調剤します。また、注射薬を点滴の中に混ぜすぐに使えるように準備をする、注射薬混合調製業務は、従来看護師の仕事でしたが、最近では薬剤師も協力しています。薬の専門家の薬剤師が行うことにより、より安全性が高まるためです。外来化学療法室でも薬剤師は活躍しています。2人に1人と言われるがんの患者ですが、薬の進歩により多くの患者さんが抗がん剤などの治療を外来ですることになったため、薬剤師も化学療法室で大活躍です。その他に救命救急室では薬の処方がすぐに出来るように薬剤師が必ず常勤しています。

こうした薬の調剤や製剤とはだいぶ異なるのは医薬品情報管理業務です。医薬品のデータや最新情報を管理し、必要であれば医師や薬剤師など医薬従業者に情報を提供するのが役割です。情報関連はコールセンターとして患者や関係者の質問に答えるようなところもありますが、基本的には事務作業でコンピュータや英語のスキルが求められます。また、病院では製薬会社の新薬開発のための臨床実験などを行う治験も行っています。薬剤師は治験にて薬剤師の立場から業務を支援したり治験薬を管理したりします。こうした薬剤師の中には治験コーディネーターなどの認定資格を別に持っている人もいます。   

このように薬剤師は病院内では様々な仕事を任せられる可能性があり、調剤薬局に勤める薬剤師と比較すると多くの経験を積むことが出来るのが魅力となっています。また、大きな病院では研修なども豊富に実施され薬剤師の教育にも力をいれています。薬剤師の病院への転職には転職エージェントの利用がおすすめです。エージェントでは医薬の就職に詳しいコンサルタントが様々にアドバイスをしてくれるので安心して就職活動ができます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.