年収400万〜年収600万の病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 年収400万〜年収600万の病院薬剤師求人

年収400万〜年収600万の病院薬剤師求人

病院薬剤師の平均的な年収は400万円〜600万円程度と言われています。資格を取得したばかりで経験が少ない人なら、年収400万円以下のお仕事でも積極的にゲットして経験値をアップしてから高収入の職場へ転職するという方法がおすすめですが、薬剤師としてある程度の知識や経験があり、調剤業務に従事していた人なら、転職で年収400万円〜600万円を目指すことは決して難しいことではないでしょう。このぐらいの年収は、管理薬剤師などの役職につかなくても手が届く範囲ですし、認定薬剤師のような上級資格を取得していない人でも稼ぐことは十分に可能です。

ただし、経験者優遇の求人募集の全てが、年収400万円〜600万円で出されているというわけではありません。病院によって高収入の職場もあれば、収入という面ではイマイチな職場もあります。病院内薬局で調剤業務を行うという同じ仕事でも、医療機関ごとに薬剤師の年収は大きく異なるので、仕事探しの際にはよく注意したほうが良いでしょう。

具体的にどんな種類の病院なら高収入が期待できるのかという点ですが、これはケースバイケースです。一般的に調剤業務以外の研究業務などにも取り組んでみたいという人なら、幅広い分野で薬剤師が活躍できる国立病院への転職が人気で、お給料という点でも民間の病院よりも安定しているというメリットがあります。また、国立病院で働く薬剤師は国家公務員という立場になるので、福利厚生もかなりバツグンで、少ない求人募集に対していつも大勢が殺到するほどの激戦となっています。

調剤業務で高収入を稼ぎたい場合には、薬剤師が不足している病院を狙うという方法もあります。特に中小規模の病院では薬剤師だけでなく他の医療スタッフも不足しがちな傾向にあり、そうした所だと薬剤師に破格の高収入を提示してくれることが珍しくありません。高収入を目指したい人は、そうした地方の規模が小さな病院をチェックしてみることも良いでしょう。ただし、薬剤師が不足している病院で働く際には、状況によってはかなりの多忙を極める労働環境になる可能性があるので注意しましょう。ただ高待遇で働けるというだけではなく、その裏には何が待っているのかという点も確認した上で転職するかどうかを決めたほうが、後から後悔しない満足度が高い職場を見つけやすくなります。ハローワークや病院の公式ホームページ、その他WEBなどを使って多方向から仕事探しをするのが良いでしょう。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.