休みがとりやすい病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 休みがとりやすい病院薬剤師求人

休みがとりやすい病院薬剤師求人

薬剤師の職場にはいろいろな所がありますが、その中でも病院に勤務している薬剤師はたくさんいます。病院勤務と言っても皆が同じような働き方をしているわけではなく、休みがなかなか取れない職場もあれば、比較的まとまった休みでも取りやすい職場もあります。病院への転職を考えている人で、できれば休みがとりやすい職場を選びたいという場合には、病院の外来診療時間をチェックして、土曜日と日曜日できればどちらも休診となっている所を選ぶのがおすすめです。病院が休診日の時には、患者さんはやってきませんから、薬剤師も休日担当でなければお休みすることができます。土曜日と日曜日2日続けて休めれば、そこに有休を1日とか2日ぐらいつけ足せばかなりまとまった日数のお休みを作ることができますね。

シフト勤務で働く薬剤師の場合には、シフトによって週2日ぐらいお休みすることはできても、2日連続で休みを取ることは難しいことが多かったり、ましてや土日にお休みを取ることは不可能に近いという病院はたくさんあります。もしもまとまった日数でお休みが取れる職場への転職を希望している場合には、できるだけ忙しくない病院を選んだほうが良いかもしれませんね。

個人経営の院内薬局などは、それほど忙しくないのでマイペースで働きやすい職場です。しかし、お休みはとても取りづらい職場が多いので、休みがとりやすい職場を探している人にとってはあまりおススメではありません。その理由は、規模が小さな薬局では、薬剤師は一人しか常駐していないことが多く、薬剤師がお休みしてしまうと穴埋めする人材がいなくなってしまうからです。できるだけ、たくさんの薬剤師が働いている職場を選んだほうが良いでしょう。

面接の際に、年間の休日日数はどのぐらいなのか、また有給休暇はどのぐらい取りやすいのかという点について質問することも悪いことではありません。ただし、そういう質問をすると「何かお休みを取りたい予定でもあるのですか?」なんて逆に質問されてしまうことがあるので、その点は答えを用意しておくなどの対策は必要でしょう。しかし、長く働き続けるためには、オンとオフをしっかりと分けることはとても大切なことで、それは薬剤師にも共通していることです。家族と水入らずで旅行に行けたり、お盆やお正月などは親戚とのんびり過ごせるような職場を選びたいという薬剤師は決して少なくありません。複数の転職希望先を比較しながら決めると良いでしょう。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.