残業が少ない病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ない病院薬剤師求人

残業が少ない病院薬剤師求人

病院勤務の薬剤師は、残業は比較的多い職場が多いと言われています。その理由は、忙しい病院の院内薬局では、外来の患者さんが押し寄せるために一人一人の薬剤師が対応しなければいけない処方箋の数がとても多くなってしまい、勤務時間内にすべてを処理しきれないからです。もちろん、薬剤師が働くすべての医療機関で残業が多いというわけではないので、うまく転職先を見つければ、それほど多くない残業時間で働くことはもちろん可能です。

残業が少ない病院薬剤師求人を見つけるためには、求人募集や病院の公式ホームページだけを見ていてもなかなか残業についての情報を収集することはできません。そこで、ネットを駆使してその病院で働いていた薬剤師の口コミをチェックしたり、有人や知り合いなどから情報収集をするなど、求人募集には明記されていない部分について情報を集めることが必要です。またヘッドハンティング的なサービスを行っている業者を利用すれば、薬剤師の転職に精通しているので、こうした内部事情を教えてもらう事ができるかもしれませんね。

残業が少ない職場を探す際には、残業代の規定をチェックする方法もアリです。残業代が全く規定されていない職場では、忙しい時にはサービス残業になってしまう可能性が高く、薬剤師の不満もたまりやすくなります。しかし、忙しくてどうしても残業しなければいけない事態になった場合、残業代がきちんと支払われる病院なら、働いた分だけお給料として反映されるので、不満度はそこまで高くなることはないでしょう。また、病院側にとっても、単価が高い薬剤師に多額の残業をさせることは病院の経営にとっても大きな負担となるため、薬剤師の数を増やして残業時間を減らせるように工夫するなどの努力をしてくれることが多いようです。そうした点も、転職先を探す際には参考にすると良いでしょう。

また、残業についての規定の中には、「2時間を超える残業については残業代を支給する」とか「残業代の支給は上限10時間まで」などと具体的な数字で明記されていることがあります。こうした表記があるところは注意したほうが良いでしょう。例えば1日2時間を超えない残業だと残業代が支給されない職場の場合には、毎日1時間オーバーの残業がついている可能性がありますし、1日当たり1時間でも月計算にすると20時間を超えることになります。また、残業代支給の上限が決まっているということは、それよりも多ければサービス残業になるということなので、そういう病院は避けたほうが良いかもしれませんね。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.