夜勤がある病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 夜勤がある病院薬剤師求人

夜勤がある病院薬剤師求人

夜勤がある病院薬剤師の求人を見つけることはそれほど難しくありません。薬剤師が院内薬局で働ける病院はたくさんありますが、入院している患者さんがいない病院では、医師も看護師も薬剤師も、スタッフは全員当直や夜勤などは一切なく、毎日規則正しい勤務時間で働くことができます。しかし、夜勤や当直をしなければ、夜勤手当などを稼ぐことができないので、毎月のお給料は夜勤をしている薬剤師と比べると数万円という単位で変わってくるものです。そのため、薬剤師の資格を利用して少しでも多く稼ぎたいという人は、夜勤のある病院で働きたいという人が多いのです。

夜勤がある病院薬剤師の求人は、病床を持つ病院からの求人が圧倒的に多くなります。病床が多い大規模な病院では、薬剤師の夜勤もローテーションになるので回数や頻度は多くなりますし、支給される夜勤手当もまとまった金額を稼ぎやすくなるでしょう。一方、規模が小さな病院の場合、薬剤師が不足気味だと夜勤の回数や頻度は多くなりますが、不足しすぎていると回数が多すぎて精神的にも体力的にも慢性的な疲労に陥りやすいので注意しなければいけません。

夜勤がある薬剤師求人はたくさんありますが、その中でもおすすめなのは、夜勤手当の単価が高めに設定されている病院です。薬剤師のお給料は、病院ごとに基本給自体少しずつ異なりますが、最終的な手取りの金額を大きく左右するのは、資格手当や夜勤手当などの各種手当の金額です。同じ働き方をするなら少しでも多くのお給料をもらいたいというのは病院勤務をする薬剤師に共通する希望なので、転職の際には複数の医療機関からの求人募集を比較しながら、少しでも夜勤手当や資格手当などの各種手当が充実している職場を見つけることをおすすめします。目安としては、公立よりも私立病院の方が手当は充実していることが多いですし、大学病院はその中でも待遇という面ではかなり満足度が高い職場と言えるのではないでしょうか。ただし、大学病院は多忙を極める職場環境なので、忙しくてもストレスを上手く管理できる人にピッタリの転職先と言えるでしょう。

また、夜勤のある職場への転職を希望する場合には、常勤している薬剤師の数とか、どのぐらいの回数や頻度になるのか、という細かい点についてもチェックしておいた方が良いかもしれませんね。薬剤師は常に薬剤を取り扱うお仕事なので、疲れているからといってうっかりミスをしてしまうと、大変な医療事故につながりかねません。ある程度の精神的な余裕がある状態で働ける職場を見つけましょう。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.