私立病院の病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 私立病院の病院薬剤師求人

私立病院の病院薬剤師求人

薬剤師の就職では病院勤務が一番の人気です。その理由としては、様々な医薬について学ぶことが出来る、他の医薬従業者とともに仕事が出来る、医薬を流れとして実践することが出来やりがいを感じる、最先端の医療を学べる、病棟業務では患者さんの経過を看ることができるなど様々な理由があげられます。病院勤務をしたいという薬剤師は、熱意のある志の高い薬剤師が殆どです。

ただし、病院薬剤師の仕事は、調剤薬局に比べ求人が少ないのが現状です。現在は医薬分業化が進み処方箋薬の受け渡しは調剤薬局で行うためクリニックなどの町の病院では薬剤師を雇用しないところも増えているのです。そのため、薬剤師が勤務する病院は入院病棟のある病院、総合病院などが大半となっています。

それでは私立病院の薬剤師求人の現状はどうでしょうか。病院は大きく分けると私立と国公立に分かれています。国公立には国立機構、厚生年金病院、保険病院や市民病院といった規模の大きい病院が大半です。私立の病院は大きな総合病院もあれば、比較的小さめの総合病院などもあり、その規模や環境は様々になっています。そのため、一言で私立病院と断定することが出来ません。

私立病院は規模も様々なため、国公立の病院に比べ求人の数は多くなっています。特に国公立は新卒を対象に雇用するケースが多いので、転職希望者や第二新卒などは私立病院のほうが採用されやすくなっています。国公立では新人から研修や勉強環境を作り育て上げていくという理論がありますが、市立の場合は経験者が優遇されることも多くあります。給与ですが、新卒や若手に限っては私立病院のほうが若干高めに設定されています。

国公立の病院の場合は、準国家公務員や地方公務員扱いとなり、多くの規定は公務員の規定に沿うことになりますが、私立の場合はそうではないので、病院によっては残業などの労働がきつい場合もありますので、病院選びは慎重に行う必要があります。

私立の病院探しは薬剤師専門の転職エージェントを有効活用しましょう。エージェントでは多くの求人がある他、専門のキャリアコンサルタントが勤務しています。キャリアコンサルタントは医薬関連経験者も多く、多くの情報を持っています。病院の情報なども調べてもらえますので、間違いのない病院探しができます。また、こうしたエージェントではハローワークなどでは掲載のない非公開求人を抱えています。専門性の高い求人は非公開求人の事も多く、適任だと判断されれば紹介してもらうことも可能です。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.