公立病院の病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 公立病院の病院薬剤師求人

公立病院の病院薬剤師求人

医薬分業化が進み、薬剤師の就職先も調剤薬局、病院、そして企業やドラッグストアとなっています。以前は薬剤師の大半は病院勤務でしたが、町のクリニックなどでは薬剤師を置かずかわりに調剤薬局に勤務するようになっています。現在、薬剤師が勤務する病院は、総合病院や大学病院などの大病院に限られるようになっています。

こういった大きな病院は、私営の病院の他に国公立病院も数多くあります。国公立とは国や国が委託した団体、市や県などの自治体が運営している病院という事になります。現在、国立だったものはすべて国立病院機構という独立した行政法人が請け負っていますが、その他にも厚生病院、防衛病院、保険病院などと言った施設が効率経営になります。また、市民病院や県民病院などは地方自治体の運営となっています。

こうした公立病院に勤めるメリットとはどのようなものでしょうか。公立病院に勤務すると薬剤師は準公務員や公務員扱いになります。国立病院機構や厚生病院などは準国家公務員扱いに、市町村が運営する病院に勤めれば地方公務員扱いとなります。

準公務員は公務員とほぼ同等の扱いを受け、給与などについても公務員の給与基準が適用されます。ただし、手当などはそれぞれの期間が決めるもので手当は異なってきます。公務員になれば様々な利益があり、公務員と同等の福利厚生が受けられたり昇給も早く給与も昇給とともに上がっていったりなど、薬剤師にとってもたいへん魅力的です。ただし、長期間勤務するつもりでないとたとえ国公立の病院でも私営病院と大きな違いはありません。

それでは国公立の病院にどのように勤務ができるのかというと、薬剤師は公務員試験を特別に受ける必要はなく、採用試験に合格すれば公務員や準公務員扱いとなり、病院に勤務することが可能です。採用試験はそれぞれ病院や団体によってことなりますが、一般的には筆記や小論文、そして最後に面接試験があります。運営団体によっては自分の希望する病院でなく、関連グループの病院に配属になる場合などもあるので注意が必要です。

薬剤師にとって病院勤務は人気ですが、こうした国公立病院は給与や待遇面なども含めさらに人気が高くなっています。希望してもなかなか入れないのが現状です。国公立病院への就職が希望であれば薬剤師の就職エージェントに登録しておくことがおすすめです。エージェントでは非公開求人も多く扱っており国公立の病院への就職のチャンスも広がっています。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.