退職金が出る病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 退職金が出る病院薬剤師求人

退職金が出る病院薬剤師求人

就職をする場合、年収と同様に退職金についても気になるところです。退職金は就職先によっても勤務年数によってもかなり違うのが現状です。退職金が支給されるのは正社員のみで契約社員やパートタイム、アルバイトでは退職金は支給されません。

病院薬剤師の退職金についてはどうでしょうか。最近で退職金などの問題で薬剤師も正社員での雇用よりもパートや派遣での勤務が増えてきています。薬剤師でも正社員で採用されるのはどんどん厳しくなってきています。

病院薬剤師の勤務先は国公立病院か民間の病院になります。現在は医薬分業のため大病院での勤務が主の為経営団体も規模の大きなところが多くなっています。独立行政法人、共済、厚生年金病院などに勤務をした場合、経営母体は国から委託を受けた法人ということになり準公務員扱いになります。また、私営や県営の病院は自治体運営でこちらでは地方公務員扱いになります。

準公務員や公務員扱いとなると給与や退職金はその規定に準じますので、これらの病院に正社員として勤務している薬剤師は勤続年数が長くなればなるほど退職金も多くなります。満期で退職した場合は何千万円という退職金が支給される可能性もあります。ただし、薬剤師の現状として同じ病院で定年退職まで勤務する人は限られた人数となっています。特に薬剤師は全体の60%が女性と女性の多い社会で女性の場合、結婚や育児など様々な理由で離職をする人が多くなっています。

民間の病院の退職金については病院の規定に基づいているので入社するときに出来るだけ調べて入社するほうがよさそうです。ただし、大きな病院や大学病院などでは公務員の退職金ほどではなくてもそれなりに支給されるところが多いようです。薬剤師は転職する人も多くいますが、退職金支給の規定が勤続3年以上など会社によって決まりがありますので、そういったことも考えましょう。転職を繰り返せば退職金は少なくなる傾向にありますので注意が必要です。

正社員の病院薬剤師を目指すのであれば、薬剤師専門の就職エージェントの利用が良いでしょう。就職エージェントの多くは非公開求人を抱えています。非公開求人は一般には公開されず専門のキャリアコンサルタントが適任だと思った人物にだけ紹介してくれる求人です。非公開求人は、優良の案件が多く、また応募者も限られるので受かりやすくなるなど良い点が多いのが特徴です。その他にもコンサルタントに確認すれば病院の給与や退職金の傾向なども教えてくれます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.