初任給が高い病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 初任給が高い病院薬剤師求人

初任給が高い病院薬剤師求人

薬剤師の一般的な年収の平均は400万円〜650万円程度となっています。薬剤師と一言で言っても勤務する職場により平均給与も大きく異なっており病院薬剤師が一番低い平均年収、その次が調剤薬局、そしてドラッグストアとなっています。平均年収が一番高くなるのは製薬会社などの企業で、大手に勤めれば将来的には平均年収が1000万円以上となっています。

それでは初任給についてどうかというと、病院での初任給は20万円〜25万円、年収では300万円〜350万円、調剤と比較すると初任給は22万円〜30万円、年収は350万円〜400万円、管理薬剤師となると500万円〜600万円の年収です。ドラッグストアの場合は25万円〜35万円の初任給、企業だと23万円〜25万円といったところです。

病院の初任給は他の職場と比較してもかなり低いのが現状ですが、それは何故かというと、薬剤師にとって学びの場である病院は人気がとても高く人手不足の薬剤師業界の中でここだけが買い手市場となっている点があげられます。また、国の社会保険や国民健康保険などの規定にのっとり病院の薬剤師の賃金がどうしても低めに設定されがちなのも理由です。ただし、国公立の病院であれば公務員や準公務員となるため、給与も公務員の規定にのっとって昇給していきますので、初任給が低くても将来的には給与の上昇が見込めますし、退職金なども高額になることが予想されます。民間の病院では薬事部長などの役職につかなければ給与アップがあまり見込めない状況かもしれません。

このような状況を踏まえて、薬剤師は病院で働くとき国公立の病院に長期間勤務して給与が上がるのを待ち、若い時は低い賃金で我慢するか、20代などの若い時だけ病院勤務をして様々な医療について学び将来については転職を考えるかどちらかという選択肢を取る人も多いようで、病院に勤める薬剤師は全体的に若い人が多くみられます。

このように初任給が全体的に低い病院薬剤師なので、なかなか初任給の高い病院薬剤師の職を見つけるのは難しいかもしれません。ただし、中には初任給の高い病院薬剤師の求人もあるかもしれません。そのような条件の良い求人は非公開求人となっていることが多くあります。非公開求人は、薬剤師の就職エージェントにて適任と思った人にのみ紹介してもらうことができる案件です。初任給の高い病院を探すのであれば就職エージェントに登録し、良い求人を紹介してもらうのが良いでしょう。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.