大学病院の病院薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 大学病院の病院薬剤師求人

大学病院の病院薬剤師求人

総合病院の中でおとりわけ大きなイメージがあるのが大学病院です。大学病院は、歯学系統以外は皆総合病院として機能しており、治療のみならず研究、教育、臨床という3つに重きをおき、どの病院も特定機能病院の指定を受けています。特定機能病院とは高度先進医療を必要としている患者に先進医療を提供できる指定を受けている病院のことです。がんなどの治療に対し最先端の治療を提供できる技術を兼ね備えている病院だと言えます。

大学病院内では薬剤師はどのような仕事を行うのでしょうか。大学病院では薬剤師は薬剤部に所属し様々な業務を行います。調剤はもちろんのこと、院内の製剤をしたり、抗がん剤の調合、チーム医療、医薬情報の管理、服薬指導、そしてチーム医療の一員として働いたりしています。近隣のドラッグストアや調剤薬局での仕事ですと処方箋を調剤したり、OTCを紹介したりするだけで終わってしまいますが、大学病院では直接医療にかかわることも可能です。なにしろ大学病院では最先端の治療を行っており、がんなどの薬物療法治療なども目のあたりして治療を学ぶことが出来ます。

最近では、誤診などを防ぐために治療に薬剤師を必ず同行させるような病院も増え、実際の医療や治療に関わりながら薬剤師としての責任を果たすことができ非常にやりがいを感じる人が多いようです。また大学病院ではなんといっても研究や治験に回ることもできます。新薬の開発に関わることは薬剤師にとって一番のやりがいなのです。

大学病院の薬剤師の募集はどのようになっているのかというと、同大学の卒業生を雇用することも多くありますが、外部からの募集も募っています。正規雇用や非正規雇用など随時求人を募集している大学も多々あります。また、ポジションに空きがあれば求人を出すというようなこともあります。随時募集している求人では未経験でも採用される可能性も高く、研修など多くの勉強の機会を得ることができます。

採用試験については、学校によって異なりますが書類選考後に筆記試験を行い、小論文の作成、そして面接というような形を取っているところが多いです。中には英語も試験内容に含まれているところもあります。

大学病院の薬剤師など専門性を求められる職種の求人は非公開求人になっていることが多くあります。非公開求人とは、求人情報のリストなどで見つけることのできない一般公開されていない求人です。薬剤師の就職エージェントに登録すれば非公開求人の紹介も多くあります。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.