麻酔科の薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> 麻酔科の薬剤師求人

麻酔科の薬剤師求人

医薬の進歩に伴い薬剤師業務も多様化、複雑化が進んでいます。現在、医薬と呼ばれる薬の種類は認可が下りているもので1万種類以上あると言われとても膨大な量です。これらの莫大な量の医薬を医師や看護師のみで取り扱うのは非常に難しく、薬剤師が関わることで医療事故を減らそうという動きが出ています。麻酔薬や向精神薬などの劇薬に関しての取り扱いでも事故を防ぐには薬剤師が配属されダブルチェックの機能が進むことが大切だと言われています。

そんな中で麻酔科や手術室への薬剤師の常駐を行っている大きな病院も見られるようになっています。特に緊急を要する手術室では麻薬や向精神薬の取り扱いに不備があれば命を落としかねませんので、麻酔科や手術室での薬剤師の薬物管理の必要性が今言われています。最近の傾向として薬剤師が手術室に出向き麻酔薬の調整を行う病院なども出てきています。薬剤師が手術室に常駐していれば、薬の量を変更する際などの安全基準も指導することができ、より安全性が高まります。まだまだ麻酔科に薬剤師を配置している病院は少ないですが、これからもっと需要が出てくると考えられます。

これまで薬剤師は調剤を行うことがメインだと考えられていましたが、薬剤師も今は更なる医薬に関しての専門性が求められるようになり、医療チームの一員として勤務するような環境になりつつあります。これは薬剤師が4年生から6年生に変化したことにともない、さらに薬剤師の専門性に期待が寄せられているからだと言えます。

そのため最新の医療技術を備えた大きな総合病院などでは麻酔科に薬剤師を配置しているところもあります。配置とまではいかなくても麻酔薬の調剤や製剤など薬剤師が深くかかわってくる病院も多くでてきています。麻酔科の薬剤師として求められる能力ですが、麻酔薬、向精神薬、筋肉弛緩剤、静注麻酔剤、吸入麻酔薬などに精通していることが大切です。

このような麻酔科での薬剤師の需要は年々高まりつつありますが、まだまだ少数です。勤務を希望する場合は求人を見逃さないようにすることが大切です。麻酔科の薬剤師の良い求人を探すためには薬剤師専門のエージェントへの登録がおすすめです。エージェントに希望を伝えておけば位求人があった時に連絡をしてもらえますし、非公開求人を紹介してもらえることもあります。非公開求人はこうした専門性のある求人が多く、給与も高めで優良な求人が多いのが特徴です。また、専門のコンサルタントが相談に乗ってくれるのも強みです。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.