美容外科の薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> 美容外科の薬剤師求人

美容外科の薬剤師求人

現在、売り手市場と言われている薬剤師ですが、医薬分業になって以来その就職先の形態も大きく変わっています。町のクリニックの横には必ずと言っていいほど調剤薬局があり、薬剤師の主な勤務先は病院からその調剤薬局に変わっています。調剤薬局では、隣接している病院からの処方箋を受け付けるのが主な仕事で1日に何十枚もの処方箋をこなすことになります。そのため、病院での薬剤師の勤務は数が限られるようになり、入院病棟がある病院や、総合病院など薬の調合以外にも業務がある場合に限られるようになりました。それでも薬剤師にとって病院は学びの場として捉えられ、多くの薬剤師は病院勤務を希望しています。

それでは美容外科の薬剤師はどうでしょうか。美容外科はケガや病気を治療するのとは異なります。そのため保険適用外の施術が殆どで薬剤師は処方箋を扱うことも殆どありません。処方箋を扱ったとしても守秘義務などもあり調剤薬局で薬をもらうという事はなく院内で処方されることが殆どです。そのため、美容外科と特化した薬剤師の業務はかなり数が少なくなっています。ただし、美容外科でも入院施設などの整った病院では薬剤師が勤務できる可能性もあります。

また、総合病院の中に美容外科が併設されているところもあり、美容外科の医療技術を学びたい場合は総合病院へ勤務するという考え方もあります。美容外科は他に美容皮膚科などと一緒になっているところもありますので、美容外科、美容皮膚科の知識を身に付けておく必要があります。美容外科は外科的な治療もおこなうので外科についての知識、美容皮膚科は肌に関する知識が必要となります。美容外科での薬剤師の業務ですが、調剤や患者さんへの製剤、注射液の準備、麻酔薬のミキシング、医療情報管理、服薬指導等になっています。

美容外科での薬剤師の求人は看護師などに比べ極端に少ないため、良い求人は絶対に見逃せません。そのためには、いくつかの薬剤師専門エージェントへの登録が必要です。エージェントに希望を伝えておけば、良い求人があった際に連絡をもらうことが出来、求人を見逃すようなことが少なくなります。エージェントの求人はかぶっていることもありますが、そうでない場合もあるので複数登録しておくのがベストでしょう。また、こうしたエージェントは通常非公開求人も抱えています。非公開求人は専門性のある求人が多く、適任だと思った人にしか紹介してもらうことのできない求人です。優良企業や条件の良いものが多く、また公開されていないので合格率も高いのが特徴です。登録すればこのような求人も紹介してもらうことが出来ます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.