小児科の薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> 小児科の薬剤師求人

小児科の薬剤師求人

薬剤師の勤務先は、現在、医薬分業化が進み調剤薬局への勤務が第1位、その次が病院勤務となっています。薬剤師の間では、様々な医療が学べる、他の医療従業者と一緒に仕事ができる、多くの業務をこなす力がつくなどの理由で病院での勤務が人気となっています。ただし、病院での勤務は、調剤薬局の増加で減っているのが現状です。

小児科勤務を希望している薬剤師の求人はどのようになっているのでしょうか。小児科で薬剤師の求人を募集しているような病院は、産婦人科や内科などほかの科と一緒になっているような病院が多く両方の業務をこなさなければいけません。小児科専門の病院はクリニックが多く病棟のないため、薬剤師の求人が少ないのが現状になっています。

小児科で働きたい場合は、大きな病院で小児科病棟の担当になるか、内科や産婦人科と併設した病院などに勤務することです。そのため、小児科とは言っても他の科の薬剤についても知識を取得しておく必要があります。また、小児医薬についての知識も持っておくことが大切です。小児はちょっとしたことで大きな体調の変化がある場合もあり、アレルギーなどについても慎重に対処する必要があり、小児医薬の世界は非常にデリケートです。小児の医薬は特別なものなので、専門の知識を兼ね備えていることはとても大切なことなのです。

小児科勤務の薬剤師の特別資格として小児薬物療法認定薬剤師という認定資格があり、このような資格を取得していると小児科を含んだ病院への勤務に有利に働きます。この資格は小児薬物療法研修会に参加し、小児病棟で薬剤管理指導業務を行っている病院で1日研修を積むことが必要になっています。小児の医薬についての専門家という扱いになり小児科勤務をする場合には非常に役に立ちます。このような認定資格は給与アップに明らかにつながるものではありませんが、必ず就職の際には有利に働くはずです。

現在は、病院の求人1件に対し、調剤薬局の求人が5件という割合で、病院勤務は調剤に比べ狭き門となっています。大きな病院では新卒を雇用する傾向もあり小児科を特に希望する薬剤師は良い求人を見逃さないことがとても重要です。そのためには、薬剤師専門の就職エージェントへの登録が大切です。薬剤師の求人のみを掲載しているので求人が見つけやすく検索も見やすくなっているところが多いです。また、希望の職種を伝えておけば求人があった時に連絡をしてもらえるので見逃すようなことがなくなります。また、非公開求人も多く扱っています。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.