産婦人科の薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> 産婦人科の薬剤師求人

産婦人科の薬剤師求人

医薬分業化になり、薬剤師の病院勤務は少なくなり、多くは調剤薬局に移行しました。調剤は、外来の患者さんにお薬を渡すことが業務で、病院内では患者さんに処方薬を渡すという事は殆どなくなりました。

そのため薬剤師は病院内で数は減りましたが、病院への就職は相変わらず人気です。病棟のある病院であれば院内製剤や注射薬、点滴の準備など院内での薬剤師の仕事は沢山あります。特に総合病院などの大きな病院は薬事部や薬剤部がありそこで薬剤師が様々な業務をこなしています。また病院によっては妊婦さんへの栄養指導や薬についてのセミナーのようなものを開く場合もあります。妊婦さんは飲める薬が限られているので、薬の指導と健康管理などのセミナーを開くというようなこともあります。

産婦人科の特徴としては、急な分娩があるので、医師や助産師、看護師はいつも24時間体制です。薬剤師も万が一に備え夜勤や当直があるところもあります。そのため、勤務時間帯などは入社する前に確認したほうが良いでしょう。

産婦人科での薬剤師の仕事ですが、産婦人科に興味のある人が向いています。また、多くの産婦人科では小児科も併設しており、乳幼児特に新生児のケアをしています。薬剤師も産婦人科や小児科関連の薬についての知識が必要となります。

産婦人科での薬剤師求人は限られています。求人があってもアルバイトだったり契約社員だったりと正社員の口がない場合もあります。その理由は、やはり医薬分業で小さな産婦人科では薬剤師は1人で充分だからです。大きな病院となると総合病院の中にある産婦人科ということで薬剤師は特に産婦人科に専念するという事はなくなります。産婦人科での薬剤師求人ですが、未経験者・経験者どちらでも歓迎されるところや、実務経験3年以上を好むところ色々とあります。産婦人科で経験を積めば、調剤薬局でも産婦人科や小児科を得意とするところに就職できるなど将来の為にもなります。

特に産婦人科に限った病院勤務になると数が少なくなりますので、良い求人は見逃さないことがとても大切です。薬剤師専門の就職エージェントには数多くの薬剤師に限った求人がありますので、就職エージェントを利用するのがおすすめです。気に入った求人がその時にはなくても後でお知らせしてもらえます。またエージェントには専門のコンサルタントがおり、求人の紹介のみならず様々なことに相談に乗ってもらうことが可能です。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.