精神科の薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> 精神科の薬剤師求人

精神科の薬剤師求人

医薬分業化が進み、薬剤師の半数弱が調剤薬局に勤務していますが、薬剤師の間で人気なのは病院勤務です。病院勤務では医療の一員として勤務することが出来ますし、病院での様々な流れを見ながら仕事をすることが出来、多くの事を学べます。病院で医師が処方していた薬は調剤薬局にて薬剤師が処方することになり、院内での調剤業務は減りましたが、それでも病院に薬剤師は数多く必要とされています。

それでは精神科の薬剤師はどうでしょうか。精神科を持つ病院では薬剤師の求人は多く見つかります。入院施設がある病院では病棟での患者さんの製剤などの業務もあり薬剤師は必要とされています。入院施設のない病院でも比較的規模の大きい精神科では薬剤師が院内で働いています。精神科での薬剤師の業務ですが、院内処方、院内製剤、医薬品情報管理、注射薬混在などの準備といった業務になります。

精神科の主な治療法は薬物療法ですので、知識のある薬剤師の存在はとても重要です。精神科で使う薬は特殊な向精神薬やそれらの薬と併用できる薬になりますので薬剤師も専門的な知識が求められます。精神科関連の医薬に高い知識を持つ認定薬剤師を精神科専門薬剤師や精神科薬物療法認定薬剤師といいます。このような専門的な認定資格を持っている薬剤師は精神科でも歓迎されます。

精神科の患者さんは主に薬物療法で治療を行っていますし、長期にわたり薬を服用していく人が多い中、退院後の薬のケアも徹底的にサポートしていかなければなりません。退院するとすぐに薬を止めてしまうというケースなども多数あり退院後の服用管理や指導についても丁寧に行っていく必要があります。そのため薬剤師の存在は非常に重要になっています。

精神科の中ではこうした精神科薬物療法認定薬剤師や精神科専門薬剤師などの専門的な認定資格を取得するためのレジデントや研修制度を設けているところもあり、働きながら学ぶことが出来、将来のキャリアアップに非常に有効です。

精神科の求人は、正社員から契約社員、アルバイトまで様々あります。自分に合った良い求人を探すには求人数の多い薬剤師専門の就職エージェントの利用がおすすめです。自分の希望に合った科目を検索できたり、勤務地、職種など色々な条件で調べたりすることが出来ますし、担当のキャリアコンサルタントも良い求人を見つけて紹介してくれます。キャリアコンサルタントは専門性も高く多くのことについて相談にのってくれます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.