リハビリテーションの薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> リハビリテーションの薬剤師求人

リハビリテーションの薬剤師求人

薬剤師の病院における業務は複雑化、多様化しています。病院での薬剤師は、薬剤を管理するだけでなく、医療の段階からかかわり薬剤師としての見解を述べるような仕事をこなすようになってきています。薬剤は現在1万種類以上を超え、専門家でなければ管理することが難しいのが現状です。医師や看護師の医療ミスを防ぐためにも病院での薬剤師の仕事は非常に重要だといえます。

薬剤師が勤める病院にはいくつか種類があります。1つは急性型の病院。こちらは救急などを備えた一般の人が考える総合病院で特に著しく具合が悪くなり健康が損なわれた場合に対処する病院です。回復が見込めるまでの短期間の治療を目的としているため短期間で患者さんが入れ替わります。2つ目は療養型病院です。長期滞在でリハビリテーションを行いながら回復を待つような病院のことで、慢性疾患や高齢者のための病院となっています。このような病院では長期間の入院、長期間の投薬などがあります。

どちらの病院にも薬剤師は必要となっています。リハビリテーション型の病院では薬剤師は長期入院の患者さんを長期にわたって管理することが出来るので、患者さんの病気の経過を観察することが出来ます。こういった病院での薬剤師の役割は、長期間の投薬治療による副作用の確認や、体調の変化などに留意したり医療費の面を考えジェネリック医薬品への変更にすることを考えたりなど長期療養ならではの配慮が必要となります。患者さんとも長い期間接するので、患者さんやその家族とのコミュニケーションも大切です。長期療養の場合は特に家族の理解も非常に大切なので、家族にもきちんと服薬指導をすることが求められます。

リハビリテーションの薬剤師は、急性病院と比べるとゆっくりと仕事ができるのが特徴です。また、同じ患者さんと接するので病状の経過も確認できます。患者さんの支えになるような信頼関係を築くこと、そのためのコミュニケーションスキルも求められるといえます。また、ジェネリック医薬品への深い知識も必要となります。リハビリテーション関連の病院では患者さんは長期にわたり薬を服用するので、毎日決まった時間に指定の量の薬を飲むことが出来るようにするのも薬剤師の務めです。

このようなリハビリテーション型の病院での勤務を希望するのであれば、薬剤師専門の就職サイトへの登録がおすすめです。専門サイトなだけに専門的知識を求める求人も多く、リハビリテーション型病院への求人も多数見つかります。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.