皮膚科の薬剤師求人

病院薬剤師求人TOP >> 人気 >> 皮膚科の薬剤師求人

皮膚科の薬剤師求人

薬剤師として皮膚科への勤務を希望する場合、どのような求人があるのでしょうか。皮膚科関連の医薬を扱いたいという希望であれば、勤務の形態は皮膚科を主に取り扱う調剤薬局に勤めるか、または皮膚科でも病棟があるなどといった大規模な病院での勤務となります。

現在は医薬分業の為、薬剤はすべて調剤薬局でもらうことになっており、病院での薬剤師の勤務は少なくなっています。病院での薬剤師の業務は製剤や点滴、麻酔薬などのミキシングなどが主で小さな病院では看護師だけで済むため皮膚科専門のクリニックに薬剤師が勤務することが難しくなっています。ただし、入院病棟がある病院では薬剤師は病棟の患者への製剤や薬の管理、注射剤の準備、服薬指導など様々な業務があります。また、総合病院などではチーム医療に関わったり、薬物療法に計画段階から参加したり、入院患者用の製剤を作ったり、医薬情報を管理するなど様々な業務を行っています。

そのため皮膚科に勤務する場合には病棟のある皮膚科、または総合病院への勤務をするか、調剤薬局で皮膚科を主に扱うところに就職するかのどちらかになります。総合病院であれば、皮膚科のみを担当するということは難しく、あらゆる科に対応できる知識を兼ね備えている必要があります。皮膚科の医薬のみを学びたいのであれば調剤薬局でも十分ですが、医療全体を学びたいという場合は、他の医療従業者も働いている病院に働くということになります。調剤薬局の求人のほうが、圧倒的に数が多く、売り手市場なのにも拘わらず多くの薬剤師は自身の知識の向上のために病院勤務を望んでいる人が多くいます。

勤務形態ですが、病院の体制によりますが、入院病棟があるところであれば当直や祝日勤務の可能性もあります。ただし、看護師ほど夜勤を必至にしているわけではないので、病棟がある病院でも平日のみの夜勤なしの勤務というのも沢山見つけることができます。

皮膚科に関連する求人を探すのであれば、薬剤師専門の就職エージェントへの登録が絶対におすすめです。その利点ですが、まずは薬剤師の求人に特化していること、そのため、検索などをしても他の職種の求人が混じらずに仕事を探しやすいです。そしてなんといっても専門のコンサルタントがサポートしてくれるという強みがあります。コンサルタントは医薬関連の転職の専門家ですので様々な情報を持ち合わせていて、多くの事に相談にのってくれます。履歴書や面接でのアドバイスも受けることができます。

病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 病院薬剤師求人ナビ【※大手転職サイトのススメ】 All Rights Reserved.